たまねぎのみそしる

日々の事&CardWirthのシナリオプレイ記録

レンタルした

クリスマスはクマ君家でDVDとか見てました。
観た感想を簡単に。


クリーピー 偽りの隣人 
時折ツッコみつつも、謎が謎を呼ぶ不気味な展開にハラハラドキドキしながら観てましたが、ここで!?という所で映画が終わりものすごく消化不良感。

主人公の奥さんとの関係とか前の事件とか何かもうちょい説明があればなぁ…。

あと、警察…なんでわざわざ1人で犯人のお宅に入っていくのだろう…。5~6人一気に突入すればすぐに捕まえられそうな気がしてならない。

原作小説を読んだ方が色々分かりそうです。



オーシャンズ
海の生き物を題材にしたドキュメンタリー映画で前半は映像がキレイで音楽も壮大なのでいい感じに眠れそうでした(笑)

途中から人間悪い的な話に焦点が移りますが、うっかり間違えて「ザ・コーヴ」を借りたのかと思うような展開に。ヒレをもぎ取られたサメがアジア系(日本人?中国人?)漁師に生きたまま海に捨てられる映像もあって、いくらなんでも…と思いましたが、後から調べるとあのサメは作り物だそうで、裏にシーシェパードが…とか色々出てきましたorz

今までの映像どこまで作り物でどこまでが本物か分からなくなります。

もともと魚を食べていた人種にケンカを売っているような展開でちょっとガッカリ。自然と人間の共存とかもっと広い視点でやってほしかったなぁ。


・・・というわけでどちらもモヤモヤ部分の多い映画でした。